【就活ヘアメイク:ショートヘア編② 】お辞儀をしても髪が顔にかからないブロッキングのやり方を覚えよう !

お辞儀をしても髪が顔にバサっとかからない!これが鉄則。

みなさん、こんにちは!メイクアップアーティストの田邉剛です。就活用のヘアメイクショートヘア編。就職活動中はお辞儀をする機会がとても多くなりますね!ショートヘアでもロングヘアでもお辞儀をしたときにバサっと髪が顔にかかってしまわないようにするのが鉄則です。

 

まずはサイドを3つのブロックにわけていきましょう。

髪をとめていく前にブロッキングしていきます。まずはつむじから耳のラインで前後にわけます。次に後ろのブロックを耳の高さの位置で上下にわけます。これで3つのブロックにわけることができましたね!

m02_thum01

 

前の一番大きなブロックがまとまりやすくなるようにワックスをつけておきましょう。

ブロッキングが完了したら、いよいよセットしていきましょう。まずは耳の前の一番大きなブロックに全体的にワックスをつけていきます。このときに前髪になる部分は逃がしておいてあげましょう。ワックスはベタっとつけてしまうとバリバリになってしまいます。ワックスを手のひらで透明になるまでよく伸ばしてから、表面から内側までなじませるようにつけていってあげてください。

m02_thum02

 

前ブロックを後ろの下のブロックにとめます。

前ブロックにワックスをつけたら後ろにながしていき、下のブロックにとめてあげましょう。前のブロックを後ろにながす際に少し内側にねじりながらもっていくとまとめやすくなりますよ。

m02_thum03

 

あとはカンタン!後ろの上のブロックをかぶせるだけ。

前ブロックを後ろの下のブロックにとめたらあとはカンタンです!後ろの上のブロックをかぶせてあげましょう!ブロッキングの前に毛先を内側に巻いておけば整った清潔感もありますし、動きのでる髪は耳より後ろの部分だけになるのでお辞儀をしてもどってきても髪が顔にかからないようになります!

m02_thum04

 

動きの軽さと清潔感で、夏の就活にもピッタリな就活ショートヘアに。

いかがでしょうか?反対側も同じようにセットしてあげれば完成です!ショートヘアの場合、セットを長持ちさせようとしてガチガチに固めすぎてしまわないように注意しましょう。適度に動きのある軽さをだしてあげることで活発な印象をあたえることができますし、お辞儀をしても髪が顔にかからないので夏の就活にもオススメです!ぜひやってみてください。

ABOUTこの記事をかいた人

"就活メイクチャンネル"のメインキャスト。某大手化粧品メーカーにてアーティストとして活動をスタート。CM、広告等のヘアメイクから講師、各種講演会、講習とその活動は多岐にわたる。特に就職活動生向けの「好印象メイク術」は好評を得ており、数多くの大学での講演を行う。現在は自身もアーティストとして活動しながら、rirebizの代表としてスタッフの教育、マネージメントを行う。"実際に"が口グセ。