【就活メイク:アイライン・マスカラ編】目元の印象を際立たせるアイメイクのコツ

苦手意識を克服!就活アイメイクをマスターしよう!

就職活動において目元の清潔感と凛とした目力はとても重要です。プライベートではあまりメイクをしない方もいるかと思いますが、就活のときは社会人の身だしなみとして、しっかりメイクをしていきましょう。慣れていないと目元のメイクはなかなか上手にできないものです。今から練習して慣れておいてください。

 

アイライナーはペンシルタイプのものを使いましょう!

アイラインは太くなりすぎないよう描いていきたいので、できればペンシルタイプのアイライナーを使って、まつげとまつげの間を埋めるように描いていきましょう。ペンシルタイプならボカシもきくのでより自然な感じに仕上がります。

eyeline_thum_01

 

瞳が明るく見えるようにビューラーでまつ毛を持ち上げましょう!

マスカラをつける前にビューラーでまつ毛をカールしておきます。まつ毛が下に下がっていると上からの光を遮断して瞳が暗く見えてしまいがちです。まつ毛の根元からビューラーをいれ、まつ毛の先端が上を向くように持ち上げてあげましょう。

eyeline_thum04

 

マスカラはゴテっとダマにならないように気をつけて!

ビューラーでカールさせたまつ毛をキープするために、速乾性が高いカールタイプのマスカラを選ぶと良いでしょう。まつ毛の根元にしっかりあてて、ダマにならないように左右に動かしながら毛先に向かってマスカラを動かしてあげてください。鏡を顔より下の位置において目線を下げた状態でマスカラをつけると失敗しにくくなります。

eyeline_thum05

 

黒目がイキイキ見えて印象深い目元の完成!

いかがでしたか?アイライン・マスカラで気をつけたいのは過剰に盛らないこと!目尻のボリュームをだし過ぎたり、下側にラインやマスカラをつけるのもできれば避けてください。アイメイクが得意な人も苦手な人も、最低限のメイクで最高の印象を与えられるように普段から練習してみてください!

eyeline_thum06

ABOUTこの記事をかいた人

"就活メイクチャンネル"のメインキャスト。某大手化粧品メーカーにてアーティストとして活動をスタート。CM、広告等のヘアメイクから講師、各種講演会、講習とその活動は多岐にわたる。特に就職活動生向けの「好印象メイク術」は好評を得ており、数多くの大学での講演を行う。現在は自身もアーティストとして活動しながら、rirebizの代表としてスタッフの教育、マネージメントを行う。"実際に"が口グセ。